古民家鑑定について

 

物件情報サイトであるこのサイトでは、物件の価値をはかる基準に、不動産サイトでいう「査定」ではなく、「古民家鑑定」を用いています。

この古民家鑑定、良く聞く「査定」とどう違うのでしょうか。

 

【「売る」ではなく「活かす」という視点】

古民家鑑定書

 

「査定」といえば、詳しい専門家が見て価格を算定しますが、その主な目的は売買です。算定した価格をもとに、売り買いを行っていくことが目的です。

それに対して、「古民家鑑定」は古民家の価格を出しますが、その他にも現状の細かなコンディションとそれに基づいた30年間のメンテナンススケジュールを提示して、今後どのように維持管理するかのご相談もお受け致します。

古民家鑑定の目的は、古民家を活かすということです。売買ではなく活用してもらうことが古民家鑑定の本来の目的です。
評価した価格での売買もむろん可能ですが、メンテナンススケジュールを活用し物件に長く住まい続けることができます。

売買においても、どんなコンディションか分からない古民家を買うより、安心して購入できます。また固定資産税の評価と売買でも活用でも、安心安全に古民家を残していけるのが古民家鑑定です。

 

 

【 誰が鑑定を実施するの? 】

IMG_0015
古民家鑑定は、一般財団法人職業技能振興会が認定を行う古民家鑑定士によって行われます。

古民家鑑定士は、「古い民家の保存、活用、再利用を目的に、建築的見地および環境保全の見地に立ち、専門的な知識と技術を用いて、お客様に適切なアドバイス」を行ない、古民家を適切に活用することにより、環境に配慮した『循環型社会』の定着を目指し活動しています。

 

 

【どんなことがわかるの?】

古民家鑑定書

 

1、古民家の現在のコンディション

古民家の現在のコンディションを基礎、外壁、屋根などの各部位ごとに細かく把握でき、古民家のプロである古民家鑑定士が説明をいたします。

2、予防保全計画

古民家を長く使って頂くために必要なメンテナンスについて今後30年間のスケジュールをお作りし説明いたします。
スケジュールがあることで今後のコストも把握でき、長く使っていく上で計画的な管理が可能になります。

3、家歴書の作成

家歴書は、住宅履歴書とも呼ばれ、住宅の修繕履歴あるいは定期点検の結果などを記録した履歴簿です。
古民家鑑定書には過去の修繕履歴の蓄積と、今後の履歴を残していく仕組みがあります。家歴書を備えることで資産価値の維持にも繋がります。

 

 

【どんなときに古民家鑑定をするの?】

 

古民家鑑定を依頼される方は様々です。

・建て替えるか再生するか判断がつかない
・再生を計画しているがどこをどう直せばいいのかわからない
・後継者に家の価値を伝えたい
・維持が難しくなったので今後の計画を立てたい
・活用方法がわからないので相談したい
・解体するか悩んでいる
・誰かに活用してほしい

引き継いできた古民家を様々なカタチで継承していけるようお手伝いするのが古民家鑑定の役目です。
古民家鑑定の窓口は、全国に設置されている古民家再生協会となります。
当サイトでご相談いただいた物件も内容によって、各地の古民家再生協会の窓口へと引き継がせていただきます。

古民家住まいるに掲載されている物件は古民家鑑定済または、成約後古民家鑑定が必須となっています。

 

 

【古民家鑑定を行う費用などは?】

a3d104b42a5ea7a9efc8e9f96c5cf50a_m
古民家鑑定を行う際の費用は、鑑定を実施する物件1棟につき10万円となっております。

※物件の場所によっては交通費が別途必要になる場合がございます