建築年数が170年になるこの建物は上杉の城下町で栄えた米沢市の中心部近くにあります。米沢駅から歩いて10分、上杉謙信、兼続、そして名君上杉鷹山公を奉る上杉公園までは歩いて20分、観光客も往来する旧米沢~福島街道沿いの主要道路に面した場所です。正面は斬り妻屋根であり、1階部分には小庇があり平入り造りとなっています。2階は出格子で趣を醸し出している商家造りとなっています。
2階建て部分奥は座敷造りで延面積1階は209㎡(店舗部分100㎡)2階は90㎡となっています。今では米沢でも貴重な古民家であるこの商家は様々な営業、商店や交流の場にお勧めであり、地域活性化、再生の場所としたい建物です。