2階建て土蔵造りで、外観は置き屋根です。外壁は経年変化による痛みもありますが、蔵なので窓は小さく少なく重厚な雰囲気があります。内部は座敷蔵で秀逸です。松、材料の梁、長押などの建築材は、木目模様の美しく独特の飴色の光沢が有ります。床の間、書院部分も欅造り、襖は狩野派の流れをくむ絵師の手になる見事な蔵です。箱階段を登れば梁下で2200ほどの高さの倉庫です。様々な用途に利用可能な蔵です。
 外観は土蔵復元が望ましいですが、流通建材による復元も十分可能です。内部は美しく見事な造作になっているので、ビル内のインテリアを楽しむカフェ、店舗、応接などの使用にも十分活かせそうです。
※こちらの物件は移築して使用していただきます。移築費用は買主様負担となります。