※この古民家は現在商談中です。

南陽市と白鷹町、そして山形市を結ぶ県道に位置し、小高い山の広大な敷地に江戸末期のおもむきを持ちながら今も残る古民家である。
漆山家は山形藩主より別れこの地で豪農として栄えました。屋根、土台、柱などの構造部の保存状態も良好でメンテナンスを続けていけば長期の使用が可能です。