明治初期のころ松本家本家の建築と伺っています。確かに経年変化は散見されますが、傾きはわずかであり、虫害が部分的にありますが構造的に問題は無いと考えられます。

屋根は不詳スレート瓦に葺きかえられており、家屋規模が大きいだけに、改修費用も多大となりそうですが、2階は閉鎖し、1階の天井表しは貼り増しほこりの落下防止、外壁(土壁)は補修必須です。
減築の方法も一案かと考えます。

養蚕農家の痕跡が顕著です。床下暖房構造物(ムロ?)又炬燵があります。当時としては先進的暖房(養蚕の為の)でしょうか。

一部部屋養蚕と来客用に造作され、天井は高く、飾り組子障子、欄間が痛んでいますが気品ある造作の痕跡がうかがわれます。

古民家鑑定済

nn0012

nn0013

nn0014