築120年を超す古民家住宅です。
修繕が必要な箇所はありますが、歴史を感じる梁や柱に囲まれての生活をしてみたいとお考えの方にお勧めの物件です。
また、建物も大きいため広々とした生活を送っていただけます。
また、当時(紀州)の大工さんが一年がかりで建物を建造したもので、九州地方の古民家と、屋根の組み方の違いが面白い造りになっております。
現在、オーナーの記憶として建物は高校生くらいまでは渡り廊下のある離れ、土蔵、納屋があった。