明治元年には、既に建ってたと伝えられてる、豪農家住宅です。クド造りの屋根を少し変形させた屋根形状です。増築や改築の跡も無く、当時のままを保ってますが、台所を10年程前に改修され綺麗になってます。古い農機具も残ってます。茅葺きの劣化は目立ちますが、内部は比較的に奇麗なので、利活用できると思われます。