地域に名を残す大工棟梁の手がけた古民家です。

素朴ながら、隆々とした堅牢な骨組みで、きちんと手入れをされ、代々大切に受け継がれてきました。
その時代に合った修繕・改修をされた跡があり、最も重要な構造躯体の劣化が少なく、これから長く住むには最適な建物だと思います。
最も魅力的な部分は、現存する井戸や竃・三和土など、その時代の生活を映し出しています。自然と共生した暮らしに触れることは、現代の私たちの学びになります。

屋根・外壁等は計画的なメンテナンスが必要で、特に屋根に関しては早い段階で修繕した方が良さそうです。