三重県尾鷲市の漁師町に位置する明治40年に建てられた築108年の町屋造りの古民家です。
古民家鑑定価格は、¥11,056,000ですが、売主さまがこの古民家を後世に伝えていただける方に譲っていきたいと現在土地建物合計で780万円で売りに出しています。
現在は空き家であるが、建具の開け閉めや掃除等をこまめにしており、構造材の割れや狂いも少ない良い状態です。また、屋根も葺き替えがされており、不陸等も見受けられません。
使用されている材料も良いものが多い印象です。
内装の修繕も無垢材を多く用いてなされているため、白木の部分が多いですが、古い部分とマッチしており、趣もすばらしいです。
駐車場は1台分、手入れされた庭も付属しています。
内装も手の込んだ床の間や、一枚板の建具、井戸水の上がる水道等々、古民家がお好きな方にはたまらない邸宅です。





建具や欄間格子等も凝っており美しいです。
部屋数が多いが、各部屋まで掃除等行き届いており、空き家特有のカビ臭さ等がありません。