シルバー人材センターで「木造空き家簡易鑑定」済みの古民家です。国道8号線から5分程度走ったところの山里の古民家です。正面には表玄関と内玄関が並び、その横には平格子があります。典型的な古民家の意作りです。内玄関から入ると、奥まで土間があり小口縁も続きます。
表玄関には幅広い小口縁が目につきます。座敷の天井は折上天井で、木目のきれいな竿縁天井となっています。離れの和室も凝っています。広縁には丸太桁を通した、板張りの天井です。角柱にも丸柱が使われ、格式を感じられます。水回り設備も一部手直しすればすぐにも生活が可能です。外部廻りはシックイ納まりが多く、亀裂等はありますが目立った破損はありません。近くにはアウトレットモールや道の駅があり、また宮島峡、稲葉山牧場などの観光地も近く休日の楽しみ場所も豊富です。ゆったりした田舎暮らしをしたい方や民泊の利用にも最適です。付属建屋としては納屋があります。



和室の各部屋はそのままでも使用可能です
付属建屋の納屋は4間*3.5間です