移築希望物件です。
大浦家が津軽進出する時の拠点となった城で、この後為信が津軽統一を成し遂げます。
現在の弘前城のモデルにもなった大浦城跡地内にある築98年(大正10年築)約40坪の古民家です。
ご当家も先祖がお仕えていたらしく屋号にも城の字が使われています。
一部リフォームしておりますが、座敷等は昔のたたずまいを残しており、
構造材も状態は良好です。