鎌倉の中心地「笹目町」お屋敷街だった谷戸の町に大正時代の古民家がひっそりとあります。
鎌倉では数寄屋風造りの古民家が比較的多く見られます。
相続が発生し、現在は空き家となっていますが外装、内装に手を入れてやれば充分使える建物です。
(尚、キッチン、浴室、洗面、トイレなどは水廻り部分は増築となっています。)
敷地面積169坪の土地にゆったりと佇む鎌倉の古民家をリノベーションして暮らしてみませんか。
オーナーは自分が生まれ育った場所を大切に使ってくれる人を探しています。


建物は空き家となっていて室内、外観ともにリフォームが必要となりますが充分使えるコンディションです。
図面は準備中です!